負け犬論

あくまで独り言

場合による

 

人に向けた好意を迷惑だと跳ね返された場合。

 

私はきっと悔しいと感じるだろう。そして持っていた行為の片隅に”復讐”を覚える。

こんなこと書いてる今だってしょうもない自分と戦いながら、疑心暗鬼と戦いながら、しょうもない君とまたどこかで交われるように、願っているのかもしれない。

努力という名のエゴが、報われると信じているのだと思う。

 

好きという気持ちは必ずしも嬉しいとは限らない。

”好き”が正解だと定義づけられた世界に生まれてきてしまっただけであって、受け取る相手によっては迷惑行為にだってなりうる。

 

不必要なものの管理を任されている。そんな被害的な感覚