負け犬論

あくまで独り言

また一人ぼっちの世界に来た。
私を認めてくれる人、必要としてくれる人を失った、私はいつもこう思っていた
でもよく考えてみると、私が必要としていたものは自分に向けられる視線や好意であって、人間ではなかった
人から与えてもらう自分の価値に飢えていた
自分と向き合うことから避け続けて、他人からの評価、それが自信なのだと信じていた
良い意味でも悪い意味でも、自分を物体として捉えず常に浮遊している流動体のようなものだと思っていた。
同時に私は人を「一緒に過ごしていく中で楽しかったり時には苦しかったり経験の幅を広げてくれる存在」ではなく、自分の承認欲求を満たすための道具だと勘違いしていた。
しかしただ自分の間違えがわかっただけで正解がなんなのかわからない。だから余計に悔しくてむしゃくしゃする、ずっと何年間も暗いマンホールの中をふわふわ上がったり沈んだりしている